名古屋、岡崎を中心とした成果報酬型SEO対策サービスの株式会社プラスイーTOPへ。

お問い合わせ

0120-930-556

Menu

想定外のキーワードで集客可能な動的検索広告 | 株式会社プラスイーのSEO対策ブログ

名古屋、岡崎を中心とした成果報酬型SEO対策サービスの株式会社プラスイーのTOPへ。
トップページ
スタッフ紹介
SEOブログ
代理店募集
お問い合わせ
0120-930-556
名古屋オフィス:名古屋市西区那古野2-23-21 岡崎オフィス:岡崎市小呂町2-7-1A
  • TOP
  • 成果報酬型SEO
  • リスティング広告代行
  • WEBコンサルティング
  • 風評被害対策
  • 会社概要

SEO対策ブログ

SEO対策ブログ

想定外のキーワードで集客可能な動的検索広告

2016/04/20

リスティング広告

リスティング広告を運用する上で「キーワード選び」は非常に重要です。

1語や2語から構成されるキーワードなら、なんとなく予想できますが、

キーワードが3語以上になると予想するのが難しいです。

アドワーズの出しているデータによると、

3語以上のキーワードによる検索が全体の54%となっています。

昔はgoogleアナリティクスを利用すれば検索キーワードを調べることができましたが、

今ではそれができなくなっています。

そのため、想定外のキーワードによるアクセスがあったとしても、それを知ることができません。

想定外のキーワードの中には、効果的なキーワードがあるかもしれません。

そんなキーワードを見つけるために役立つのが「動的検索広告」です。

 

動的検索広告とは!?

 

動的検索広告とは、簡単にいうと「キーワード設定のいらないリスティング広告」です。

普通のリスティング広告の場合、キーワードを設定して、そのキーワードが検索されたときに広告が表示されます。

それに対して、動的検索広告は、サイトのURLを登録して、そのサイトに関連するキーワードで検索されたときに広告を表示するというものです。

これなら、想像できないような複数キーワードに対しても広告を表示させることができます。

ただし、ほったらかしではコンバージョンにつながらないような無駄なキーワードでも広告が表示されてしまいます。

動的検索広告を利用するなら、そういう無駄なキーワードは除外キーワードに設定する必要があります。

そうすることで、コンバージョンにつながりそうな検索キーワードに対してのみ広告を表示するようにできます。

 

現在、yahoo!、Googleともに検索ワードを知ることができなくなっています。

(以前はGoogleアナリティクスで知ることができた)

 

しかし、動的検索広告ならどのようなキーワードで検索したユーザーが広告をクリックしたか知ることができます。

自サイトへアクセスするユーザーがどんなキーワードで検索しているか知るための手段としても、

動的検索広告は使うことができます。

 

キーワード調査のために動的検索広告を使うというのもありだと思います。

 

 

 

前のページに戻る
ページトップ
お見積りご依頼はこちら
とにかく申し込みたい方はこちら
  • 0120-930-556
  • 見積もりはこちら
ページトップ
  • 0120-930-556
  • 見積もり依頼はこちら
  • お問い合わせはこちら