名古屋、岡崎を中心とした成果報酬型SEO対策サービスの株式会社プラスイーTOPへ。

お問い合わせ

0120-930-556

Menu

SEO対策は内部対策をしなければ始まらない | 株式会社プラスイーのSEO対策ブログ

名古屋、岡崎を中心とした成果報酬型SEO対策サービスの株式会社プラスイーのTOPへ。
トップページ
スタッフ紹介
SEOブログ
代理店募集
お問い合わせ
0120-930-556
名古屋オフィス:名古屋市西区那古野2-23-21 岡崎オフィス:岡崎市薮田1丁目6番地14
  • TOP
  • 成果報酬型SEO
  • リスティング広告代行
  • WEBコンサルティング
  • 風評被害対策
  • 会社概要

SEO対策ブログ

SEO対策ブログ

SEO対策は内部対策をしなければ始まらない

2016/06/09

SEO対策の豆知識(うんちく)

SEO対策の内容は主に内部対策と外部対策の2種類です。

このうち、内部対策に関しては、知識さえあればだれにでもできるものなのです。

しかし、これができていないホームページがほとんどというのが現状です。

 

内部対策を行って初めてスタートラインに立てる

デザインがとてもカッコよくて、画像ばかりのサイトがあったとします。

そんなサイトは、そのサイトを見た人からは好評だったとしても、SEO的には全然ダメです。

検索エンジンというのは人間ではありません。機械です。

機械にはデザインがかっこいいとか、画像がきれいとかの判断はできません。

(最新の技術では可能かもしれませんが、Googleの検索エンジンにそんなことはできません。今は。)

検索エンジンが何を判断するかというと、「テキスト」です。

例えば、めちゃくちゃデザインのいいSEO対策会社のホームページがあったとします。

しかし、そのサイト内に「SEO対策」というテキストが無ければ、検索エンジンはSEO対策の会社のサイトだと判断できません。

つまり、「SEO対策」の検索結果に表示されることはないのです。

 

サイト内にキーワードが含まれていなければ、どんなに外部対策をがんばっても、上位表示はできません。

まずは、内部対策を行ってキーワードを検索エンジンに伝えることがSEO対策では大切になります。

 

キーワードの詰め込みすぎはダメ

数年前は検索エンジンがまだ頭が悪かったため、とにかくサイト内にキーワードをたくさん入れればいいという時代もありました。

例えば、背景色と同じ色のキーワードをとにかくたくさん書くとかやっていれば、上位表示できたりしました。

そんなサイトは検索者にとって何の役にも立ちません。

そんなサイトばかりが検索結果に表示されていたら、だれも検索エンジンなんて使わなくなったでしょう。

ということで、検索者にとって役に立つサイトを検索結果に表示するために、検索エンジンは日々進化しています。

意味のない文章(キーワードを書いているだけ)などは判断できるようになっており、

そういうものは現在ではSEO対策において、マイナス効果でしかありません。

しっかりとしたコンテンツを持っていて、検索者の役に立つサイトにすることを考えていれば、

自然とSEO的にもプラスになるようになりました。

 

SEO対策の内部対策はだれでもできる

最初のほうに

「SEO対策のうち内部対策は知識さえあればだれでもできる」

と書きました。

それでは、SEO対策の知識はどうやったら手に入れられるのかというと、明確な答えはありません。

Googleの検索アルゴリズムは公開されていません。

検索アルゴリズムがわかれば、簡単に上位表示ができてしまい、それはGoogleの望むことではないのです。

SEO対策の手法はインターネットで検索すればいくらでも出てきます。

いろいろな人がいろいろな手法を書いていますが、

Googleも検索エンジン最適化スターターガイドというものを公表しています。

この検索エンジン最適化スターターガイド通りにサイトを作ることがSEO対策の基本になります。

残念ながら、この基本ができていないホームページ制作会社がたくさん存在します。

SEO対策の基本ができていなければホームページを作っても、検索結果に表示されず、

だれにも見てもらえません。

どんなにいいデザインでも、見てもらえなければ意味はありません。

 

コンテンツが重要

SEO対策の基本はGoogleが公表しているので、だれでも実行できます。

SEO対策の基本ができているライバルホームページよりも上位表示するために必要になってくるものの一つが「コンテンツ」になります。

役に立つコンテンツが多ければ多いほどSEO的に有利になります。

 

役に立つコンテンツと書きましたが、検索エンジンは役に立つコンテンツかどうかなんて判断できないはずです。

そこで、コンテンツをどのように判断しているかというと、おそらく、文章量とオリジナル性です。

文章量の極端に少ないコンテンツは役に立つとは思えません。

また、オリジナル性の低いコピーコンテンツも検索者にとっては邪魔なだけです。

実際はこの2つだけで判断されているわけではないですが、だれでも気を付けることができるのがこの2つです。

最近ではサイトの更新頻度もSEO対策において重要になってきている傾向にあります。

文章量の多いオリジナルコンテンツを日々追加していくことがSEO的にはプラスになります。

 

SEO業者に依頼する前に自分でやってみる

ここまでに書いたようにSEO業者に依頼しなくても自分でできるSEO対策は意外とあります。

まずは、自分なりにSEO対策をがんばってみて、それでもだめならSEO業者に依頼するというのもアリだと思います。

ライバルサイトが弱いキーワードなどでは、内部対策だけでも上位表示できたりする場合があるからです。

とはいっても、キーワードの入れ方などはGoogleの検索エンジン最適化スターターガイドを読んでも書かれていません。

変にサイトをいじる前にSEO業者に依頼するのもありです。間違ってもブラックハットSEOはやらないようにしましょう。

理想的なのは、サイト制作時点でキーワードを決めて、しっかりとSEO対策を意識したホームページを作ることです。

なので、ホームページ制作会社はSEO対策がわかっている会社を選びましょう。

SEO対策をやっているとかホームぺージに書いてあっても、SEO対策は別な会社に委託していて、ホームページ制作には全然反映されてない会社とかもあるので、気を付けましょう。

 

 

 

前のページに戻る
ページトップ
お見積りご依頼はこちら
とにかく申し込みたい方はこちら
  • 0120-930-556
  • 見積もりはこちら
ページトップ
  • 0120-930-556
  • 見積もり依頼はこちら
  • お問い合わせはこちら