名古屋、岡崎を中心とした成果報酬型SEO対策サービスの株式会社プラスイーTOPへ。

お問い合わせ

0120-930-556

Menu

ペンギンアップデート3.0 考察 | 株式会社プラスイーのSEO対策ブログ

名古屋、岡崎を中心とした成果報酬型SEO対策サービスの株式会社プラスイーのTOPへ。
トップページ
スタッフ紹介
SEOブログ
代理店募集
お問い合わせ
0120-930-556
名古屋オフィス:名古屋市西区那古野2-23-21 岡崎オフィス:岡崎市薮田1丁目6番地14
  • TOP
  • 成果報酬型SEO
  • リスティング広告代行
  • ディスプレイ広告
  • 風評被害対策
  • 会社概要

SEO対策ブログ

SEO対策ブログ

先週末にGoogleペンギンアップデート3.0が実施されたようなので、その内容について考察したいと思います。

 

まず、今回のアップデートによって影響を受けたサイトは、それほど多くないと感じています。
弊社のお客様のサイトも、ほとんど変化がないか、もしくは上がった場合も多いです。

 

ただし、
一部のサイトで少し順位を落としている場合もあります。

その順位を落としているサイトの共通点を分析したところ、
面白いデータが取得できました。

 

比較的ドメイン運用歴の長く、昔からSEO対策を頑張っていたと思われるサイトが、順位を落としている傾向にあります。
もっと具体的に言うと、
数年前にSEO対策に効果的と言われて流行った、Yomi-search系の検索エンジンの一括登録をしていたサイトが、
順位を落としている傾向にあるようです。

 

今回のペンギンアップデートでは、
yomi-search系の対策に対してマイナスの評価を与えていると推測しています。

もっと言えば、yomi-search系の対策というよりも、
過剰なアンカーテキストの集中がマイナス評価に繋がっているとみて、まず間違いないと思います。

 

対策方法としては、
削除できる動的ページからのリンクは削除し、
削除できないリンクは否認ツールで否認するというような対策が必要となってきます。

 

また、アンカーテキストが集中している事に思い当たりがある場合は、
アンカーテキストを分散したり、
別のアンカーテキストが増えるようにして、
相対的にアンカーテキストの集中している割合を減らすような対策が有効かと思われます。

 

現時点では、
あくまでも推測の段階ですので、
順位を落としたサイトに対して対策を行っていき、
どのような経過をたどるのか、このブログでも報告していきたいと思います。

前のページに戻る
ページトップ
お見積りご依頼はこちら
とにかく申し込みたい方はこちら
  • 0120-930-556
  • 見積もりはこちら
ページトップ
  • 0120-930-556
  • 見積もり依頼はこちら
  • お問い合わせはこちら