名古屋、岡崎を中心とした成果報酬型SEO対策サービスの株式会社プラスイーTOPへ。

お問い合わせ

0120-930-556

Menu

続:WEBサイトの表示速度のお話 改善すべき数字はページスピードインサイトではなく◯◯です | 株式会社プラスイーのSEO対策ブログ

名古屋、岡崎を中心とした成果報酬型SEO対策サービスの株式会社プラスイーのTOPへ。
トップページ
スタッフ紹介
SEOブログ
代理店募集
お問い合わせ
0120-930-556
名古屋オフィス:名古屋市西区那古野2-23-21 岡崎オフィス:岡崎市薮田1丁目6番地14
  • TOP
  • 成果報酬型SEO
  • リスティング広告代行
  • ディスプレイ広告
  • 風評被害対策
  • 会社概要

SEO対策ブログ

SEO対策ブログ

続:WEBサイトの表示速度のお話 改善すべき数字はページスピードインサイトではなく◯◯です

2022/07/28

SEO対策の豆知識(うんちく)

※本記事は前回の記事(SEO対策に有効?WEBサイトの表示速度。改善すべき?)の続きになります

こんにちは。
プラスイーのSEO担当の牧野です。

 

前回の記事で、

「ページスピードインサイトの数字はあくまでも参考程度」
「無数に存在する検索順位を決めるアルゴリズムの中の指標の一つに過ぎない」

といった内容のお話をさせていただきました。

 

これを見て、

「いやいや、天下のGoogle先生が言ってることに何をイチャモンつけとんじゃい?」

という、あなたの心の声が時空を超えて私のもとまで届いてきましたので
そんな疑問にお答えすべく、今回筆をとらせていただきました。

 

前置きが長くなりましたが、今回の記事は、

 

・様々な検証を行い、
・ページスピードインサイトの点数と検索順位の関連性を明らかにし、
・結局、何を改善すればいいのかまでご説明

 

という内容となっておりますので、
どうぞ、最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

|実際に上位表示されているWEBサイトの点数を調べてみた

 

まずは実際に上位表示されているWEBサイトのページスピードインサイトの点数を
弊社が運営しているWEBサイトを例にチェック。

 

▼検証サイト①弊社のSEO対策サイト
https://seo-nagoya.net/

「SEO対策 名古屋」でGoogle1位(ドヤァ)

 

▼検証サイト②弊社が運営するパーソナルジム
https://granfit-nagoya.jp/

「名古屋 パーソナルトレーニング」でGoogle2位(ドヤァ)

 

さすが、SEO対策の会社だけあって、競合性の高いキーワードでも上位表示ができていますね!!
ではそれぞれページスピードインサイトの点数はどうなっているでしょうか?

 

▼①弊社のSEO対策サイト https://seo-nagoya.net/

 

えっ。。。

低っ。。。

 

▼②弊社が運営するパーソナルジム https://granfit-nagoya.jp/

 

えっ。。。

低っ。。。(2回目)

 

いかがでしょうか?
おわかりいただけたでしょうか?

そう、ページスピードインサイトの点数が低くたって
上位表示は可能なんです!!!

※ただ、さすがに低すぎてちょっとなんだかショックです。

 

|順位が1~10位のサイトの点数をそれぞれ調べてみた

 

さて、僕個人としては上記の検証で

 

・ページスピードインサイトの点数が低くても、上位表示は可能
・ページスピードインサイトの点数の重要度(順位を決める要素として)は高くない

 

ということが証明できたと思いますが、

「いやいや、あなたそれ、自分にとって都合のいい例を上げただけでしょ!」

などのクレームが、またしても時空を超えて飛んできそうな気配を感じたので
さらに検証を進めてみます。

 

次はある特定のキーワードで
1~10位のサイトの点数をそれぞれ調べてみます。

もし、ページスピードインサイトの点数が重要なのであれば、

上位表示されている(1~10位)サイトの点数は高い。

さらに、

 

順位が高ければ高いほど点数も高く、
順位が低ければ低いほど点数も低い。

 

と、なるはずですよね?

では、早速検証の結果をご覧ください!

 

▼検索キーワード:「名古屋 脱毛」

▼検索キーワード:「名古屋 グルメ」

 

いかがでしょうか?
点数が一桁のサイトでも上表示されていますし、
点数の高い低いと順位に関連性があるようにも思えませんね…。

 

|Q.じゃあWEBサイトの表示速度は気にしなくていいの?

 

A.いいえ、気にしなくてはいけません。

 

「は?お前いい加減にしろよ。。。」

という声が届く前に、言い直しますね。

 

「ページスピードインサイトの点数は気にする必要はありません。
 ただし、実際の表示速度が遅いなと思ったら改善する必要があります。」

 

どういうことかというと、
考えてみれば当たり前の話なのですが、

クリックしてもなかなか読み込まれないサイトって、
見る気になりませんよね?すぐに戻るボタンを押したくなりますよね?

なので、この記事をこんなところまで読んでいただいているあなたには、

 

「自社のサイトの実際の表示速度」

 

を、是非チェックしていただきたいです。

ちなみに以下は、Googleが2017年に調査した
WEBサイトの表示速度と直帰率の関係をまとめたものです。

出典:https://www.thinkwithgoogle.com/intl/en-ca/marketing-strategies/app-and-mobile/mobile-page-speed-new-industry-benchmarks/

 

上記を日本語訳すると、

WEBサイトの表示速度が1秒から3秒になると、直帰率が32%増加した。
1秒から5秒になると、90%増加
1秒から6秒になると、106%増加
1秒から10秒になると、123%増加

といった内容が書いてあります。

 

ここまできたら「具体的なWEBサイトの表示速度の改善方法」についても
解説したくなってきましたが、
さすがに長すぎるので、それはまた次の機会にさせていただきますね。

前のページに戻る
ページトップ
特別キャンペーン
とにかく申し込みたい方はこちら

成果報酬型SEO対策 簡単お見積り依頼フォーム※1営業日以内にお見積りを提出します。 成果報酬型SEO対策 簡単お見積り依頼フォーム※1営業日以内にお見積りを提出します。

  • キーワード
    (複数OK)
  • URL
ページトップ